トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

スリットビューワCCDの不調(20200104)

Last-modified: 2020-01-06 (月) 16:54:06 (945d)
Top / スリットビューワCCDの不調(20200104)

スリットビューワCCDの不調(20200104)

staff

スリットビューワCCDの不調

概要

  • 2020.01.04 22時ころ
  • 発見 本田

症状

  • 22時過ぎ、天体導入中にいきなり写らなくなる(天体が消えた)。
  • よく見ると、SV画像がbiasのようになっていた。
  • flatランプを点けても変化なし、光を感知しない。
20200105ST-10.jpg

調査と結果

  • CCD、AGCCの再起動で復帰せず、とりあえず観測はNICに切り替え やや曇りだがダメ元で共同利用のターゲットに向けつつ、ST-10と ACアダプターを取り外す。
  • NICは雲のせいかやはり何も写らなかったため、観測は一旦中断し脚立を持ってきて、スリットを閉じてSV復旧作業を行う。
  • ノートPCのCCDOopsにST-10を接続し、露出をかけるとカウント0の画像しか得られない。
    • ただし、シャッターが動いていることは確認。
  • 色々設定を変えてみたり、ケーブルを変えるなどしても変化が見られないので、ST-10はとりあえず故障と考え、制御室にあった2台のST-7の動作確認を行う。
  • どちらも一応動作したが、やや不安定で「シャッターエラー」などを起こす。
  • しかし、光は感知するのでとりあえず元々カセグレンについていたST-7を取り付ける。
  • agccからST-7を認識させることができない。カメラが無いとのメッセージ。
    • スクリプトの中をを見てもCCDを認識させる時点では特に違いは無さそう。
  • とりあえずナスミスからST-7を取り外して再度CCDOopsで動作を確認、
    • この時ふとST-10でも動作を確認してみると、なぜか光を感知した。
  • ST-10を再度ナスミスに取り付けて、agccから画像を得られることを確認
    • しかし、時々「Start exposure error」となり、画像が取得できない。
    • 再度AGCCもrebootしてやり直したところ、問題は無くなった。
  • SVのフォーカスが全く合わない、リミットまで動かしても合わない。
    • どうしようもないので、再びST-10をとりはずして確認すると、フィルターターレットとカメラの取り付けネジ3つの1つがあっておらず傾いて取り付けていた。
  • これを修正して、シャープなスリット像が得られることを確認し、回転方向の調整を行う。
  • 一応復旧、観測再開