トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2016.02.19〜 デュワー試験(大島)

Last-modified: 2016-03-25 (金) 03:42:38 (2135d)
Top / 2016.02.19〜 デュワー試験(大島)

staff/新CCD

2016.02.19(Fri)

  • 24:40-26:00
  • 作業者:大島

真空引き開始

  • 24:49 開始

進行状況

  • 1500 Hzまで進むか? −−〉1150Hzあたりで頭打ち・エラー(25:18)
  • クランプを締め直して再度引き直し(25:20 )−−〉1500到達(25:45) OK。

測定開始

  • 25:59 記録関係のソフトウェアを立ち上げ完了
  • 26:00 ヒーターのスイッチON

2016.02.20(Sat)

真空引き状況

  • デジタル表示される箇所はovのまま。ただし数値自体は記録されていて、少しづつ下がっている。  →思ったより冷却に切り替えるまで時間がかかるかも?

データ記録

  • 18:00 モニター表示データへの変換が正しくなかったのでコードを少し修正

2016.02.22(Mon)

真空引き状況

  • 25:00

やはりかなり遅い。一応減圧自体は順当に進んで現在数Pa台。 測定器を見ると、やはり測定のたびに「or」が出ている。数値はちゃんと出ているようなので問題ないのかもしれないが念のため冷却は様子見。

2016.02.23(Tue)

真空引き状況

  • 15:28 まだorが出ているが、数値自体は順調に下がっていたので、冷却開始。
    • 冷却と同時に圧力の数字が急速に下がり始めた。温度的な問題が大きかった?
    • このまま引きつづける予定。

2016.02.24(Wed)

  • 温度・圧力が安定しつつある
  • -90度前後、10^-3〜10^-4Pa台。
  • 完全に安定しているわけではなく、数時間単位での振動があるのでしばらく底に達するか様子見。

2016.02.25(Thu)

  • 温度は-90度付近で推移。

2016.02.27(Sat)

  • 11:00 おんどとりの電池が切れたので交換

真空引きを止める

  • 12:04 バルブを締めたのち、真空ポンプを停止
  • 14:20 1Pa近くまで内圧が上昇。温度も-75度前後まで上昇
  • 14:24 再度真空を引き初め。3分で1500Hzに到達
  • -82度前後で安定。前より少し高い

2016.02.29(Mon)

  • 温度が-85度、圧力が10^-4Pa台で安定してきた

2016.03.02(Wed)

  • 14:22 デュワーの冷却を停止。 このと圧力が-1.80×10^-4 Pa
  • 21:40 温度が常温(〜20度)に達したのでバルブ締める。

CCD試験まとめ

圧力の変化について

  • 戻るのが早すぎる
  • 1日くらいは10^-2Pa程度の圧力を保たなくてはいけない

考えられる問題

  •