トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

仕様 の変更点

Top / 仕様

#author("2022-01-14T03:38:45+00:00","default:nhao","nhao")
#author("2022-01-14T03:39:29+00:00","default:nhao","nhao")
&aname(top);

* Overview [#pab43da7]
-[[エシェルモード>エシェルモード]] (2019年4月)
#ref(./MALLS_overview.jpg)
-コリメーター焦点距離 900mm
-カメラレンズ焦点距離 341mm

|望遠鏡    | 口径2.0m F/12 ナスミス焦点|
|スリット幅| 0.8", 1.2",  1.6",  5.0",  8.0"(使用不可)|
|スリット長|5.0'|
|スリット方向のサンプリング|0.34" /pix|
|Order Cut filter| WG320, GG495, GG475, BG40|
|Grating(Low1) |150 l/mm (5000Å), R~600(550nm, 1.2")|
|Grating(Low2) | %%300 l/mm (2500Å), R~1200(550nm, 1.2")%%(使用不可)|
|Grating(Medium) |1800 l/mm (400Å), R~7500(550nm, 1.2")|
|CCD|FLI 230-BI (2048x2048, readouts 30s)|
|Slit viewer CCD   |  SBIG ST-10 (7 x 5分角)|
|Auto-guider| 対象星スリット漏れ光の重心位置によるガイド|
//|Sampling@550nm| | |
//|Coverage| 240nm|40nm|


* 一度に撮影できる波長範囲 [#va0921a2]

| グレーティング | 波長範囲 | 分解能(slit=0.8") | 分解能(slit=1.2")|
| 1800 l/mm       |  400A     |   R~9000           | R~7500           |
|  300 l/mm       |  2400A    |   R~1400           | R~1200           |
//|  300 l/mm       |  2400A    |   R~1400           | R~1200           |
|  150 l/mm       |  5000A    |   R~700            | R~600            |



*限界等級 (1200秒積分,S/N=10相当) [#g252949c]

| グレーティング  |分解能      | 限界等級(slit=0.8") |
| 1800 l/mm        |   R~9000    | V~ 13                |
|  300 l/mm        |   R~1400    | V~14.5               |
//|  300 l/mm        |   R~1400    | V~14.5               |


* 観測時間とS/N比の計算 [#lb0f6a40]
- [[Exposure Time Calculator>http://www.nhao.jp/~tozuka/malls_etc1008.html]]


* スループット(Throughput) [#c191593d]
- グレーティング150 l/mm, 300 l/mm, 1800 l/mm それぞれのスループット(測定値)
--望遠鏡、CCDの特性を含めた生データの効率
--2014年10月6日のデータ
#ref(過去のスループット/throughput201410.jpg,50%)

-[[過去のスループット>過去のスループット]] 
--イメージローテーターを取りつけた状態(2014年10月以前)のものです。


* 波長分解能(Resolution) [#rcde32e2]

- 低分散(low dispersion)

&ref(./resolutionlow.png,50%);

- 中分散(medium dispersion)

&ref(./resolutionmed.png,50%);

&ref(./g1800_s08_R.jpg,15%);

-6500Aより長い方ではサンプリングが2pix以下

-CCDの端の方では波長分解能が落ちる(特に赤い側)

&ref(./g1800_s08_R_4000A.jpg,15%);


* CCD [#g41a6f2c]
- FLI社 ProLine PL 230 (type: Back Illuminated)
--Sensor : E2V CCD230-42
--Format : 2048x2048
--Pixcel size : 15.0 micron
--Chip size : 42.3mm
--Cooler power : -63 deg. Below Ambient 
--CCD window AR coating : &ref(super-wide-ar-coat.txt);
--Linearity : 5000ADU - 35000ADU ±0.25%
--Gain : 2.20e/ADU
--Readout noise : 12.3e
--Readout time : 30s

[[CCD性能評価]]

- Link
--日本代理店  : http://www.tanaka-opt.co.jp/fli-pl230.html
--メーカーページ: ftp://ftp.saao.ac.za/pub/pah/ACQ%20Replacements/FLI/PL230-42.pdf
--メーカーページ: http://www.flicamera.com/spec_sheets/PL230-42.pdf

* Slits [#gec2e56d]

-slit length 5.0'
-slit widths
--0.8"
--1.2"
--1.6"
--5.0"
--8.0"


* Slit Viewer [#ca9ed49b]
-CCD : SBIG ST-10XME + Filter Turret 

-- http://www.sbig-japan.com/SBIG_tech/CCASTS.html#CCkaf3200

--ピクセルサイズ 6.8um x 6.8um
--フォーマット 2048 x 1472
--受光面 13.9 x 10mm (7 x 5分角)
--ピクセルスケール 0.2″/ピクセル
--縮小率 0.28倍
--大気分散によって生じる星像位置のズレを軽減するために、測光フィルターを入れることができる。
--ローテータ中心(スリット上):X=364.5, Y=250.0
- Filters 
-- B, V, Rc, Clear, Null
- images


* References [#fbd4559d]
-中低分散ロングスリット分光器 (MALLS) の再性能評価 I : 効率と波長分解能
--西はりま天文台年報 No.22 2012年
--http://www.nhao.jp/research/annual_report/docs/ar2012-5.pdf

-なゆた可視光分光装置MALLSの回折格子角度--波長関係
--西はりま天文台年報 No.19 2009年
--http://www.nhao.jp/research/annual_report/docs/ar2009-1.pdf

-補修後のなゆた可視光分光器MALLS検出器の特性
--西はりま天文台年報 No.17 2007年
--http://www.nhao.jp/research/annual_report/docs/ar2007-3.pdf

-なゆた望遠鏡用可視光分光器 I. 設計
--西はりま天文台年報 No.15 2005年
--http://www.nhao.jp/research/annual_report/docs/ar2005-4.pdf


* 設計仕様 [#fbd4559d]
http://www.nhao.jp/~ozaki/study/spec/nhao_spec.html


* fits header (20211116) [#l15bc3bb]

&ref(header20211116.txt);

&ref(header20150206.txt);

----------------------

[[ページトップへ戻る>#top]]

[[MALLSトップページへ戻る>MALLS]]