トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

新CCDカメラマニュアル

Last-modified: 2024-06-13 (木) 14:06:27 (3d)
Top / 新CCDカメラマニュアル

MALLS

2021年6月に設置した新しいCCDカメラのマニュアルです(構築中)。

制御PCへのログインとmessia6のセットアップ

  • 1.obs3、obs1b等からnewccdにリモートログイン(!!端末を2つ用意!!)
     ssh -X nhao@newccd
     またはssh -X nhao@160.128.0.25
  • 2.一方の端末(以降、端末A)にて、
    端末A>cd ~/messia6/local
    端末A>./messia localhost
    ⇒端末Aに"Welcom to MESSIA6"のメッセージが出たら正常
    
  • 3.続いてもう一方の端末(以降、端末B)からmessiaを起動
    端末B>cd ~/messia6/local
    端末B>./messia_setup.sh
    ⇒端末Bに"messia6 Ready"と表示&DS9が起動する
    セットアップの後は、newccdの任意の端末から観測コマンド(mls)が使用できるようになる

撮影運用(mlsコマンド)

  • !!セットアップ完了後、最初に使用する際は、本番の露出をかける前に0秒露出で5枚程度テスト撮影をする!!=>wipeの代替
  • !!時間を空けて(数分〜数十分程度)露出するときには、露出をかける前に0秒露出で1〜3枚程度テスト撮影をする!!
    • wipeができないので電荷が溜まってしまう。
  • 基本コマンド
    usage        mls(enter)
    テスト撮影(~/messia6/local/tmp.fits)  mls -t 露出時間 [枚数](enter)
    露出(~/data/[date]/mls[date]_[File_No.].fits)      mls -e 露出時間 オブジェクト名 [枚数](enter)
    ダーク撮影(~/data/[date]/mls[date]_[File_No.].fits)    mls -d 露出時間 [枚数](enter)
    バイアス取得(~/data/[date]/mls[date]_[File_No.].fits)  mls -b [枚数](enter)
    ※枚数の入力がない場合は1枚
  • 例)PWAndを300秒露出で5枚続けて撮る場合、
    mls -e 300 PWAnd 5
  • 例)10秒露出のテスト撮影する場合、
    mls -t 10
  • よくあるトラブル
    露出開始直後、「'test_000.fits'をstatできません:そのようなファイルやディレクトリはありません」といったメッセージと共に露出が停止し、以降露出が正常にできなくなることがある。
    この場合は下記のmessiaのシャットダウンの後、上記のセットアップをやり直すのが手っ取り早い(発生頻度は不明で、根本的な復旧方法もわからないため)。
  • 保存先 [-e]を付けて露出したものは、
     ~/data/[date]/
    以下に保存される ※[date]:2021/6/8の場合/210608(UTCの日付となります)
  • ファイル名
    mls[date]_[File_No].fits
    ※[File_No]:10001番からの通し番号(日付で変わりません)
  • 読み出し時間
    • 約36秒
    • 例)5秒露出5枚連続撮影 ⇒ (5s+36s)×5枚=205s=3m25s
  • 観測ログ
    obs3より、
     mallslogc
    と打つとその日のログシートが開く
    自動ログは機能していない(2024/6/13現在)
  • dark_script

    /messia6/local上で、

    ./mk_darkscript.sh
    ⇒同directory上にdark_[date].shが生成される。
    (運用終了のコマンドも合わせて記述される。)
    vi等で編集の上実行
  • その他注意点
    • mlsコマンド実行の際はds9を立ち上げて使用。落ちた場合は"ds9 &"で起動すればOK

運用終了

※起動が安定しないため雷対策時等をのぞきシャットダウンは行わない(2021/12/02)

  • messia6のシャットダウン
    端末B>./messia_shutdown.sh
    ⇒端末Bに"messia6 shut down"と表示、端末Aがログアウトされる

その他

  • messia6セットアップ時
    読み出しの3枚程度は画像読み出し時にサチュレーションしているため
     >mls -t 0 3
    などを実行してください
  • messia6の電源について(2024/6現在はこの運用法は終了している) IPpowerに接続しており端末から以下の通り電源のon/offが可能です。※2021/11現在IPPOWER不使用
    ~/messia6/local上で
    ./ippower_messia.sh --on
    同電源の状態については以下で確認が可能です。
    ./ippower_messia.sh -n