トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

運用状況の一覧

Last-modified: 2022-06-21 (火) 13:37:21 (99d)
Top / 運用状況の一覧

MALLSへ戻る

2021.12.15

  • SV CCDをST-9に交換
    • 視野が5.3 x 5.3', ピクセルスケールは0.617"/pixを3binに

2021.11.22

  • SV CCD(ST-10)故障のため ST-7に交換
    • 視野が7.1'× 5.1'から3.6'×2.4'になり、ピクセルスケールは0.846″に

2021.10.20

  • 新しいCCDに交換
    • FLI 2K×2K から2K×4Kに

2021.9.27

  • FLI CCDでの運用に戻す

2021.9.19

  • FLI CCD取り外し 新しいCCDに交換作業

2021.7.27

  • 結露確認のためFLICCDの窓を掃除

2021.7.15

  • FLI CCDでの運用に戻す

2021.6.25

  • 新しいCCDで仮運用開始

2021.6.13-25

  • FLI CCD取り外し 交換作業

2022.5.19

  • CCDの設定温度を-36℃に

2021.5.15

  • オートガイダーの表示に北と東を表すコンパスも表示

2021.5.14

  • CCDの設定温度を-35℃に

2020.9.28

  • CCDの設定温度を-38℃に

2020.6.3

  • CCDの温度設定を-30℃から-35℃に変更

2020.6.2

  • CCDの温度設定を一時的に-35℃から-30℃に変更

2020.4.28

  • CCDの温度設定を-40℃から-35℃に変更

2020.3.19

  • エシェルモードでのヘッダー情報を一部修正

2020.2.17

  • CCDの設定温度を-35℃から-40℃に変更

2020.2.15

  • CCDの温度設定を-40℃から-35℃に変更(ドーム内高温(14℃)のために一時的に)

2019.12.03

  • CCDの温度設定を-35℃から-40℃に変更

2019.10.29

  • CCDの温度設定を-30℃から-37℃に変更

2019.07.16

2019.07.12

  • CCDの温度設定を-35℃から-30℃に変更

2019.04.21

  • CCDの温度設定を-40℃から-35℃に変更

2019.01.26

  • 300l/mm グレーティング、8.0" スリット使用不可

2018.12.07

  • CCDの温度設定を-35℃から-40℃に変更

2018.09.10

  • CCDの温度設定を-30℃から-35℃に変更

2018.07.20

  • CCDの温度設定を-35℃から-30℃に変更

2018.06.05

2018.04.21

  • CCDの温度設定を-40℃から-35℃に変更

2017.06.07

  • なゆた運用停止のため、制御架、CCDなどすべて電源OFF

2017.04.27

  • スリットビューワのCCDカメラをST-10に戻した

2017.04.13

  • スリットビューワのCCDカメラをST-7に変更

2017.02.28

  • オートガイドの検出しきい値を変更(暗い天体対応)

2017.02.14

  • スリットの方位角の値をヘッダーに追加(SLIT-PA)

2016.11.30

  • 冷却系制御が復旧したため、CCD Temp. = -40℃に設定

2016.11.26

  • 冷却系制御の不調のため、CCD Temp. = -30℃に設定

2016.11.02

  • CCD Temp. = -40℃に設定

2016.07.04

2016.05.06

  • CCD Temp. = -35℃に設定

2016.03.21

2016.03.06

2016.02.29

  • 運用再開。

2016.01.18

  • なゆた再蒸着のため、一時運用停止。

2015.12.01

  • SV表示ソフトCCDOPSが頻繁に停止する。CCDの電源オフ->オンの実行で対処する。

2015.11.27

  • CCD Temp. = -40℃に設定

2015.09.12

  • CCD Temp. = -35℃に設定

2015.06.13

  • CCD Temp. = -33℃に設定

2015.04.20

  • CCD Temp. = -35℃に設定

2014.11.30

  • スリットビューワのCCDカメラをST-10(代替機)に交換。

2014.11.06

  • スリットビューワのCCDカメラをST-7に交換。
  • CCD Temp. = -40℃に設定

2014.10.06

  • カメラフォーカス-1.879mm (FWHM=1.75 Encl.Temp.= 20.5, )

2014.10.01-04

  • 装置の調整とイメージローテーター取り外しについての作業。

2014.09.12

  • CCD Temp. = -37℃に設定

2014.08.29

  • スリットビューワのCCDカメラをST-10からST-9に交換(やや視野が狭くなった 5.3 x 5.3', 0.617"/pix)。

2014.08.27

  • スリットビューワの画像に異様な周期ノイズがのるようになった。

2014.07.10

  • Comparison lamp を交換。明るくなったことを確認。

2014.06.21

  • Comparison lamp が暗くなっており、数分の露出が必要。 ランプは7月中旬に交換予定。

2014.05.14

  • CCD Temp. = -35℃に設定

2014.02.03

  • fits-headerに中心波長[Angstrom]が書き込まれるように、mlsコマンドを修正

2013.12.12

  • CCD Temp. = -45℃に設定
  • カメラフォーカスを再調整