• 現在の天文台の空
  • 宿泊予約状況
  • キラキラch
  • 研究者向けページ

兵庫県立大学西はりま天文台

− NISHI HARIMA ASTRONOMICAL OBSERVATORY −

MARS CLOSEST APPROACH in 15 YEARS

2018年7月31日 火星大接近

※画像はクリックすると大きくなります


      !!現在の火星!!

          2018年7月11日に兵庫県立大学西はりま天文台のなゆた望遠鏡で撮影された火星です。
          未明の1時30分ころに撮影しました。明るさは、約-2.4等になります。
          火星のダストストームが収まっていないため、表面の模様はまだ見にくいです。


この火星の画像は、最新の画像が取得されると更新されます。




     15年ぶりの赤き輝きを観察しよう!

          2018年7月31日、地球と火星との距離が15年ぶりに大きく近づきます。このことを火星の大接近と呼びます。
          火星は、2018年7月31日に向けて、夜空でだんだん明るくなっています。火星の等級(明るさ)は、2018年1月で1等台でしたが、2月から3月にかけて0等台、
          4月中旬以降はマイナス等級になり、7月31日の最接近時には-2.8等まで明るくなる予報です。この明るさは、同じ日の木星(明るさ-2.1等)より明るいです。
          火星は2018年1月から7月にかけて、約40倍も明るくなります。これは火星と地球が近づくことで、「見かけで火星が明るく見える」ようになるからです。
          火星も含め、地球と他の惑星が接近することを会合と言います。会合は一定の周期で起きます。
          地球と火星の接近(会合)は約780日、およそ2年2ヶ月ごとに起きます。



     地球と火星の接近(国立天文台 天文情報センターより引用)
     2018年7月31日に地球と火星は、5759万kmまで接近する大接近になります。
     接近距離は毎回異なり、短い順に“大接近、中接近、小接近”に分かれています。
     接近距離が変わるのは、火星の公転軌道が地球のものより歪んでいることと、会合周期が2年2ヶ月であることが原因です。
     最接近時の距離が6000万kmより短くなる火星接近は、2035年9月11日まで起きません。



          さて火星の接近は2年2ヶ月ごとに起きますが、今回は前回2003年から見て15年ぶりの大接近になります。これは、地球と火星の最接近がいつも同じ距離に
          ならないことを表します。この原因は、地球の公転軌道と比べて火星の公転軌道がより楕円であることと、接近を繰り返す周期がぴったり2年ではなく2年2ヶ月であることです。
          火星の公転軌道の方がより楕円なので、地球と火星の公転軌道のすき間は、所々で距離が異なります。加えて、地球と火星が接近する公転軌道上の場所は、
          接近を繰り返すたびに「2ヶ月」分ずれることになります。したがって、地球と火星の接近距離は毎回変わることになります。
          2018年の最接近は地球と火星の距離が約5759万kmとなり、約6万年ぶりの大接近と騒がれた前回2003年の5576万kmに匹敵する距離となります。

          2018年7月31日を過ぎると、地球と火星の距離はだんだん長くなります。しかしながら、9月初旬でも火星はまだ-2等級の明るさを保ちます。
          今年の夏から秋にかけて、火星から目が離せません。




      いつ観察できるのか?どのように観察するのか?

          火星は、2018年5月には夜半以降に空へと昇ってきます。21時など夜の早い時間帯に観察できるのは、2018年7月以降になります。
          観察方法は、何日かおきに目で見てみることをおススメします。特に、2018年5月から7月にかけてどんどん明るくなる様子を観察できます。
          観察する場所は、特別星空がきれいな場所である必要はありません。街中でも観察できます。
          天体望遠鏡で観察する場合は、地球と火星が最も近づいている2018年7月31日の前後1ヶ月間がおすすめです。ぜひ、天体望遠鏡で火星の表面を観察することにチャレンジしてみましょう。
          天体望遠鏡をお持ちでなくても、近くの公開天文台で観察会が開催されている場合があります。ただし、観察会の開催時間によっては、火星がまだ昇ってきていない、
          または高度が低いため、観望できない場合もあります。事前に確認の上、公開天文台へ足をお運びください。


2018年6月30日と7月31日と8月31日の火星の出と入り、南中時刻(すべて西はりま天文台での時刻)

出の時刻 南中時刻 入りの時刻
6月30日 21:26 2:24 7:18
7月31日 19:11 23:53 4:42
8月31日 16:50 21:33 2:19



     2018年7月31日21時の空(ステラリウムを用いて作成)
     南東の空に火星、南に土星、南西に木星が輝きます。
     3つの惑星の見える方角がほぼ同じとなるのは、2018年6月30日では23時、8月31日では19時になります。




      天体望遠鏡で火星観察にチャレンジ

          火星と地球が接近するとき、火星の見かけの大きさは大きくなります。下の図を見てください。火星の見かけの直径(視直径)は、2018年1月で約5秒角だったものが、
          6月までに3倍の約15秒角に、そして7月31日の最接近時には約5倍もの24.3秒角まで大きくなります。
          面積で比べると、2018年1月より7月末の火星は約25倍も大きく見えることになります。2018年7月から9月にかけての2ヶ月間は、火星の視直径は20秒角より大きいので、
          この時期に公開天文台にある大きな天体望遠鏡で火星を観察できれば、火星の表面の模様を観察できる場合があります。



     2018年の火星接近にともなう地球までの距離と視直径の変化(国立天文台 天文情報センターより引用)
     2018年7月31日に地球と火星は、5759万kmまで接近し、視直径は24.3秒角まで大きくなります。
     最接近時の前後1ヶ月間は、視直径20秒角以上かつ明るさ-2等級台なので、絶好の観察時期となります。



      なゆた望遠鏡で見た火星接近2018

          兵庫県立大学西はりま天文台では、2018年1月より一定の間隔で火星を撮影しています。
          下の写真を見ると、時間とともに火星が大きく明るくなってくる様子が分かります。
          この画像は、今後も更新されます。どのように火星が大きく明るくなるのか、是非ご期待ください。



なゆた望遠鏡で撮影した火星
左から2018年1月16日、2月26日、3月12日、4月18日、5月27日、6月3日、6月15日、6月26日、7月11日の火星になります。
画像の大きさは統一しているので、火星が大きくなっている様子が分かります。
 ※すき間なく並べています。それぞれの画像はクリックすると拡大できます。
2018年1月の画像の火星は、地球大気でぼやけたため、実際の視直径よりも広がって見えています。




      なゆた望遠鏡で火星を観察するには

          2018年7月31日の火星最接近時に、なゆた望遠鏡で火星を観察することはできません。なゆた望遠鏡の観望会の時間帯である19:30-21:00の間は、
          火星の高度が低いので、なゆた望遠鏡を向けることができません。なゆた望遠鏡で火星を観察されたい方は、2018年8月中旬以降にお越しください。
          また、2018年7月31日に火星を観察する特別な観望会を開催する予定もございません。あらかじめご了承ください。









現在の天文台の空 宿泊予約状況 天文台広報誌 宇宙NOW キラキラch 西はりま天文台 友の会