• 現在の天文台の空
  • 宿泊予約状況
  • キラキラch
  • 研究者向けページ

兵庫県立大学西はりま天文台

− NISHI HARIMA ASTRONOMICAL OBSERVATORY −

EVENT

今後のイベント予定

1月13日(土)
友の会例会
1月31日(水)
皆既月食特別観望会
2月10日(土)
友の会観測デー
3月10日(土)
友の会例会
3月24日(土)〜3月31日(木)

2018年度のイベント予定

(イベントの追加をする場合があります)

4月1日(土)〜4月5日(木)(見込)
4月14日(土)
友の会観測デー
5月3日(木・祝)〜5月6日(日)
5月4日(金・祝)
アクアナイト2018 (申し込み:不要 参加費:不要)

アクアナイト2018では、天文学の最新研究についての講演会と世界最大の公開望遠鏡「なゆた」での観望会を行ないます(悪天候時は解説)。
若葉が萌える大型連休、家族そろって星空観察にお出かけ下さい。

16:30〜18:00 天文講演会 「宇宙へ翔ぶ大型望遠鏡」


講師:山田 亨 氏 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所

講演の内容

宇宙の果て、巨大ブラックホール、そして、太陽系外の惑星はどんな姿をしているのか・・? など、謎に満ちた宇宙の姿を解き明かすため、いよいよ新しい世代の宇宙望遠鏡が飛び立とうとしています。 米国NASA が進めるジェームズ・ウェブ宇宙望遠鏡、そして JAXA が進める将来計画 SPICA (スピカ)など、新技術を駆使した巨大宇宙望遠鏡計画の紹介とともに、残された宇宙の謎についてお話します。


5月12日(土)
友の会例会
6月9日(土)
友の会観測デー
7月8日(日)~12日(木)
施設整備休業
7月14日(土)
友の会例会
7月15日(日)
天文講演会 「変わった銀河が指し示す、120億年前の『大都会』」

講師:斎藤 智樹(兵庫県立大学天文科学センター 天文科学研究員)
TN1338_calendar_s.jpg

講演の内容

我々の銀河系 (天の川銀河) と同様な銀河が、宇宙には無数にあります。 しかしその分布は一様ではなく、混んでいる場所・空いている場所、 活動の活発な銀河の多い場所・不活発な銀河の多い場所などが存在します。 その中で、ちょっと変わった銀河に着目すると、その周囲はちょっと変わった場所 であることがあります。そんな宇宙の「環境」の話を、最新のトピックとともに紹介します。

16:30~18:00 天文講演会
19:30~21:00 天体観望会(一般観望会)
7月21日(土)〜8月31日(金)(見込)
8月12日(日)
ペルセウス座流星群極大日に合わせて翌朝まで開園します(夜間、施設は閉館します)。
また、宇宙・星空について最前線の話題を紹介する講演会と、天文学の研究を体験できるオープンカレッジを開催。
そして夜は望遠鏡での天体観望会をお楽しみいただけます(悪天候時は解説)。

★ 天文講演会

「宇宙138億年の歴史、そして未来」

講師:大内 正己 氏 東大宇宙線研

★翌朝まで 流星自由観察 
敷地内を開放します(天文台の建物は、観望会終了後に閉館)。
流星観望の際は、周りにご配慮ください!夜間に強い明かりをつけることはお控えください!
例年多くの方々にご参加いただいております。マナーを守って楽しく流星観察をしてください!!

山道に路上駐車しないでください!!緊急車両の妨げになります!
当日、山道は一方通行をお願いしています。交通事故等を防ぐためご協力ください!!
駐車場は臨時を含めて台数に限りがあります。お乗り合わせの上でご来場ください!
流星観望の際は、周りにご配慮ください!夜間に強い明かりをつけることはお控えください!
例年多くの方々にご参加いただいております。マナーを守って楽しく流星観察をしてください!!
9月8日(土)
友の会例会
10月9日(火)〜12日(金)
臨時 施設休業
10月13日(土)
友の会観測デー
11月10日(土)
友の会例会
12月8日(土)
友の会観測デー
12月23日(日・祝)
星の都のキャンドルナイト2018
キャンドルと星明かりのもと、街明かりが賑わうにつれて忘れているゆったりとした時間を大切な人と過ごしませんか。
12月28日(金)~1月3日(木)
施設休業
1月12日(土)
友の会例会
2月9日(土)
友の会観測デー
3月9日(土)
友の会例会
3月23日(土)〜3月31日(日)(見込)




現在の天文台の空 宿泊予約状況 天文台広報誌 宇宙NOW キラキラch 西はりま天文台 友の会